不動産運用学研究室 | Real Estate Management Research Lab

投資運用資産に関する学術的アプローチ

「不動産学」はとても裾野の広い学問です。その理由は、同学問が「都市計画・建築・金融・法律など」のすべての分野が深く関わり合う<職・住>を包括的に治める実務的な学問であるためです。また、数学や物理学のように、純粋な理論のみで構成されてはおらず、実務的な知識や経験も要求されます。実務とは、理論が必ずしも成立しない場面をもさし、経験則的に得られた知見が必要であるということです。この理論と実務の両面を兼ね合わせた学問が不動産学です。

本研究室では不動産を「投資運用資産」として扱います。不動産には様々な側面があり、「良い不動産」の定義も見る角度によって異なります。建築士にとっての良い不動産とは「美しく快適な建物」といえます。法律家にとっての良い不動産とは「権利関係が整理された物権」といえます。都市計画家にとっての良い不動産とは「調和のとれた持続可能な都市」といえます。経済学者にとっての良い不動産とは「利用者の便益を最大化する財」といえます。本研究室にとっての良い不動産とは「安定的に運用できる投資資産」です。

「投資=お金儲け」と思われがちです。このお金儲けという印象を否定はしませんが、一方ではこの「投資」は、高齢者にとっての年金運用、そして若年者にとっての資産形成を意味します。これらは人々の生活に安寧をもたらす極めて重要なファクターです。そこで本研究室では「いかに多く利益を生み出すのか」ではなく、「いかに資産を安定的に運用するのか」もしくは「いかに内在するリスクを明確化させ管理するのか」に主眼を置いています。


なお、本サイトは、学術研究者としての鈴木の成果・進捗状況を共有する目的で設立されたものです。従ってここで公表する内容は鈴木が所属する会社・団体とは一切関係ありません。